FC2ブログ
プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
妹への嫉妬は不自由感のすり替え?
妹への嫉妬がひどくなったのは仕事を辞めてからだったと思う。
一気に自分の自由度が下がり、不満をためていった。
自由度が下がったというより、不自由な自分を意識するようになったという方が近い気がする。

妹は華やかで、どこにでも自由に行って、人生を楽しんでいるように見えていた。
どこにも行けない、何もできない(と思い込んでいた)自分と比べて、同じ家庭で育ったのにずるいと思っていた。

当時、不自由な方を選んでいたのは自分。どこにでもいけるのに、できないと思い込んで自分をどんどん閉塞させていった。

再び妹と連絡をとるようになり、当時のことを振り返ると、妹は私に華やかな世界を見せてくれていた。
おしゃれのこと、芸能関係のこと、恋愛のこと…。
妹がそれらを見せてくれるから、私はかろうじてそんな世界との接点を持っていたように思う。
一人では楽しみを見つけられないし、外にも出かけられないから、妹に乗っかって楽しみを見つけていた。
妹が恋愛し、だんだん私以外の人と接することが増えて、私は焦っていたのかもしれない。妹に依存できなくなってしまうと感じていたような気がする。

誰かに依存しなければ、一人では楽しみを見つけることさえできない無力で不自由な自分から目をそらしたくて、妹に嫉妬するという形で自分から妹を遠ざけていったのかもしれない。
母親が出ていったことに「ほっとした」と言っているのと同じように、妹が自分から遠ざかっていくのを見たくなくてすり替えていたのかもしれない。
スポンサーサイト
[2018/02/04 20:49] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
2月1日GS
・肝心かなめなところにくると目先をそらしてしまう現象はなぜ起こるのか
⇒向き合うのが怖いから。なぜ怖いのか?

・情景、イメージをたどろうとすることが、記憶(感覚?)を取り戻すことにつながる。

・自分のしていることに対して罪悪感を感じないようにするために、被害者意識を高める。(すりかえる)
⇒自分の本能に正直でない(本心が言えない)と、虐げられている感覚になる。→他人のせいにする(記憶の操作)

・愛されている=見守って共有してくれる実感があること

共感できない。周りの人の反応を見て「こういう時はこういう風に言えばいいんだ」と学習している。
私の場合は、親の顔色をうかがうことに気を取られて、自分の感覚を育てることができなかったのかもしれない
(親の価値観に合わない反応をすると怒られる)
[2018/02/03 20:43] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
「クサレ」と「清く正しく美しく」
母親は私によく「あんたはクサレ(意地悪で根性が腐ってる)」と言っていた
私は「クサレ」だから、母親に嫌われてるんだと思っていた
そう言われるのが悔しくて悲しかった

私の信念は、「清く正しく美しく」
「私はクサレじゃない!」と母親に言い返したい気持ちと、意地悪な心がなくなったら母親は自分を愛してくれるんじゃないかと思う気持ちと、両方が私のおかしな信念を作り上げたんではないかと想像する

「クサレ」と言われ続けて、「はいそうです」と受け入れられるはずがない
自尊心を保つために、変なプライドだけが高くなっていって、今の頑固な私がある

本当は、私がクサレであろうがなかろうが、母親には関係なかった
始めから、母親は私に興味がなかった

今も、自分のいじわるな黒い部分を認めることに強い抵抗感がある

でも周りの人は、「私に黒い部分がある」という前提のもとで付き合ってくれている
「意地悪な自分」を嫌悪しているのは自分だけ

う~ん、頭ではわかっていても納得するのにはまだ時間がかかりそう・・・
[2017/10/12 22:13] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
私にもあった
セッションで、依存の話が出ました。

母親代わりの人を求めて、自分を満たしてくれる人を見つけたらその人に依存する
その人から望む反応が帰ってこなくなると、ほかの人を求めてさまよいあるく

私は見てもらうためなら他人をも利用する

依存の底にあるのは空虚感なのかなと
母親からの愛情を求め続けて、得られない時間を積み重ねて不全感と空虚感が募っていくのかなと想像します

私は人が怖かったので、これまで人に依存することはなかったんだろうと思います
その代わり、無感覚になって空虚を感じないようにして、人の役に立つことに没頭して気持ちを逃してきました
少し人に甘えることができるようになって、今度は依存の対象が物事から人へとシフトしました

求めるものは母親だから、母親以外の誰に依存しても満足はありません
そこでやっと自分の空虚を意識しました

自分の空虚を意識して、やっと妹の気持ちが理解できた気がします
妹が人から人へ渡り歩いていたのは、この空虚を埋めてくれる誰かを探していたんだなあと
そしてそれは私にもあったんだと分かりました
[2017/09/16 21:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
偽善をやめます
私は「偽善者」と言われてきました。

自分の気持ちが分からないから、いつも頭で考えて返事をしていました。
気持ちと言葉が一致しない気持ち悪さも感じていませんでした。その滑稽さにも気づいていませんでした。

本当の私は子どもみたいにわがままで、見て見てな人間です。
慈愛系でもありません。

人にイラっとすることもあるし、嫌悪感も感じるし(これは私の配列が原因)、いじわるもします。

あなここでは自分の黒い部分を安心して見せられる、むしろ隠してるとつつかれる(≧∀≦)(バレてるから)

自分の気持ちに嘘をついてるほうが気持ち悪いと感じるようになってきました。
黒い部分もある自分でいいのかな~と少しずつですが受け入れるようにしていきます。
[2017/08/14 20:12] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。