プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

02 | 2015/03 | 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
食パンとコーヒー
セッション後の個別で、私が食パンと牛乳入りコーヒーが苦手ということがわかりました。

セッションできんたろうさんに「パンを食べるように」と言われ、次の日にパン屋に行ってパンを買ってきました。
その時パンと一緒に何を飲んだのかりんりんさんに聞かれ、「お茶」と答えました。

りんりんさんに「パンにお茶はおかしい、普通はコーヒーでは」と指摘され、インスタントコーヒーは買ってあったものの、戸棚に入れたまま忘れていたことに気づきました。
それからどんなコーヒーが好きかという話になり、私は「ブラックが好きです」と答えました。
牛乳を入れないのか聞かれ、父親がコーヒーに牛乳を入れて飲んでいたことを思い出し、その様子を想像するとなんとなくイヤ~な感じがしました。

それをりんりんさんに話すと、「コーヒーに牛乳を入れるのは個人の好み。そこに嫌悪感があるのは不自然」と言われ、そこから幼いころの記憶が出てきました。

私が小学生のころ、我が家では週末に食パンを焼いて食べる習慣がありました。まだ母親がいたころのことです。
当時父親はわざわざコーヒー豆を買ってきて、コーヒーメーカーで豆を挽いて飲んでいました。

コーヒーメーカーで豆を挽くときの「ガリガリ!!」という音がとても怖かったのを覚えています。
そして食パンは、なぜか魚焼きグリルで焼いていました。
グリルで食パンを焼くのは難しくて、私はよくパンを焦がしては両親に叱られていました。

その話をすると、りんりんさんからいくつか指摘されました。

・コーヒーメーカーの音が怖いのはわかるが、その後コーヒーを淹れた時の香りにリラックスしている様子がない。音の恐怖ばかりが感じられる。
・なぜトースターを使わず、わざわざグリルでパンを焼いていたのか。
・週に一度パンを食べる日があるなら、それが楽しみになるはず。なのに私の話し方から楽しそうな印象を受けない。

そしてりんりんさんから衝撃の一言。
「そこにお母さんの気配を感じるんよね」と。

週1回の楽しみが楽しくないのは、母親からの監視があったのではないかと言われました。
りんりんさんによると、母親は父親がコーヒーを飲むこと、食パンを食べることをよく思っていなかったのかもしれない。
だからわざと食パンを焦がすように仕向け、焦げたと文句を言うことが父親への当てつけだったのではないか、と。

私が食パンと牛乳入りコーヒーが苦手なのは、その時の恐怖を無意識に思い出しているから。コーヒーは私にとって処罰なのだそうです。
母親はもう目の前にはいないのに、私の心はいまだに母親に縛られていて、記憶はなくても私の体はその時の恐怖を覚えているのだと言われました。
なんだかとても悲しくなりました。

次の日から、いつも仕事にもっていく水筒の中身を、お茶からコーヒーに変えました。(うっす~いコーヒーですが^^;)
記憶がつながったことで、コーヒーへの無意識の抵抗感はなくなりました。

あの時りんりんさんが記憶を引き出してくれたことにとても感謝しています。
スポンサーサイト
[2015/03/11 11:32] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
偏食
しばらくブログを書いてなかったら、パスワードを忘れてログインできなくなってしまってました^^;

何か月も前のセッションで、きんたろうさんに私が一人暮らしを始めてから毎日何を食べているのか聞かれました。
朝は白ご飯にふりかけ、昼はふりかけのおにぎり、夜は白ご飯とスープ(野菜と鶏肉のみ)と、米ばかり食べてました

きんたろうさんに「どんだけ米好きなん」と笑われましたが、私は米が好きなのではなく、米が私にとって許された食べ物だったから米ばかり食べていたのでした。

うちは農家で、米は自分で作っています。なので子どものころからご飯はいくら食べても怒られない、許された食べ物でした。
パンはお金を出して買うものなのでたくさん食べてはいけない。また、祖母が「米はご飯、パンはお菓子」という感覚をもっていて、パンばかり食べると祖母がいい顔をしない、という理由もあって、一人暮らしを始めてからも無意識にパンを避けていました。

それに加えて私には「お金を使ってはいけない」という縛りもあるので、それも米食に拍車をかけました。

そして米ばかり食べる味気無さ(ストレス)を発散するためにお菓子ばかり食べていました。
米が主食、お菓子はおかずみたいな食べ方をしてました。

料理をするのがめんどくさい、もともとあまり食に興味がない(おいしいものを食べたいという欲求が薄い)のも理由だった気がします。
[2015/03/11 11:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。