プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

05 | 2015/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
6月27日GS
◎セッションで話すことで自分自身は向上している。なのに、障害、喪失感、欠損が自分の不幸を作っている。
それが向上しているものを止めるという奇妙な現象を作っている。

普通の人は自分が向上していくプロセスを覚えているそうです。
私の場合は、仕事を始めたころに比べるとできないことは確実に減ってきています。笑顔で接客すること、値段表から該当するものを見つけ出すこと、計算の速さなどなど・・・。
できないことは減っているので、楽になっているのですが、何かあるとすぐ「もう無理~仕事辞める~」とパニックを起こします。
「できるようになったこと」よりも「今できないこと」の方が強く感じられて、いつまでたっても緊張MAX!という状況が多々発生します^^;
向上した実感はあるんですが・・・それより不安の方が大きいです。


◎自分が思っている「できないこと」と現実の「できないこと」のギャップがある。
自分ができないことを認識していくこと。それだけのハンディがあるのだから「できなくて当たり前」。

きんたろうさんに「欠損がすさまじい」と言われ続けていますが、いまだにピンと来ていません。
だから「自分は普通」だと思っている部分が実際の能力以上にあって、「できて当たり前」だと思っているから失敗したとき必要以上に落ち込んだり、とりつくろったりするのかな・・・。

「『とりつくろい』は『できる』ことが前提にあるからする」んだそうです。
う~ん、確かにそうかも・・・。
「私はできない」と自虐でなく自覚していたら、失敗した時でも取り繕う必要はないのでしょう。「あ、やっちゃった~」ですむのでしょうね。
「これくらいのことできて当たり前」ではなく、「ハンディがあるんだからできなくて当たり前」の思考に転換していきたいです。


◎例えば、中学生のころに事故にあってある日突然車いす生活になった。階段を上るのに周りの人に手を貸してもらった時、なんというか。

私の答えは「ごめんなさい」。手を煩わせてごめんなさい、私のせいで迷惑かけてごめんなさい、ひたすら自虐の「ごめんなさい」です。
情景を思い浮かべた時、階段の下で困惑している様子を思い浮かべていました。

メンバーさんそれぞれ思い浮かべた情景を説明しましたが、私は「突然車いすになった」という状況が抜け落ちていました。
生まれた時から車いす生活なのと、突然車いす生活になったのとでは感じ方に違いが表れると思います。でも私の頭の中ではそこの部分が全く抜け落ちていて、「車いすで持ち上げてもらった」という部分しか見えていませんでした。


◎ACは諭されること、決められることが嫌い。
決められるのは嫌いなのに自分では決められない。
全部拒否するのがACの世界。

何が嫌なのか、理由をレベル1から言っていく。
「なんとなく嫌」→「諭される感じが嫌」→「昔諭されていたから、それを思い出して嫌」など。嫌な理由がはっきり言えたらすべてがつながっていく。

かな~り表現力がいるなあと感じました。自分が嫌だと感じていることを認識するところから始めていかないと難しそうです。


◎一緒にいる時間の長さよりも、ポイントが合うかどうか。
たとえ短い時間でもポイントが合えば人は変わっていく。

自分の好きなことを分かってもらえている、見てもらえている実感や安心感なのかな。
メンバーさんの娘さんの寝かしつけが、とても早かった。お母さんがリラックスしていたから娘さんも安心して眠れたのかな。

◎ACは楽しいこともきついことも、ガマンがきくから忘れていく。自分にとってはガマンすることが当たり前だから、人の粗相も気にならない。

他人の文句を言っている人がこわ~い人に見えることがあります。「そんな小さなことで?!」と思うんですが、感じないようにしているだけで不快はたくさん入ってきているんだろうと思います。


◎自分の被害者的感情を分かってほしいという気持ちを無意識にやっていれば、自分は罪悪感を感じない。
でも意図的にやっていれば子どもはいつか気づく。

無意識でも意図的なら子どもは分かるものなのかな。意識してさらに意図的なら・・・恐ろしくて想像もしたくないです。


◎笑うのにも力がいる。相手の言うことに興味を持っていないと笑えない。

話の流れとか、その場の空気とか、相手の意図とか・・・。突然の冗談に反応するには、相手の意図をきちんとくみ取らないと難しそうです。高度なおやじギャグとか?相手の話を聞いて、相手の発する言葉と思考の流れをシンクロさせることができてはじめて同じタイミングで笑えるんだろうなあ・・・。
スポンサーサイト
[2015/06/29 23:49] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
おもしろ動画
この前テレビを見ていたら、いたずら動画の特集をやっていました^^

中でも爆笑したのが、「スニークダンス」というもの。
見知らぬ人の後ろでダンスを踊り、気づかれたらアウトといういたずらだそうです

「Dancing Behind People」と入れて検索するとたくさん出てきます^^

https://www.youtube.com/watch?v=HPxT_bHU68M&index=1&list=RDHPxT_bHU68M

右側の男性の表情がすばらしいです


もう一つ
この人はダンス以外にも人を笑顔にする仕掛けを企画しているようです。
気持ちが温かくなる動画です。



こういういたずら大好きです
[2015/06/26 00:56] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
我慢を分かってほしい
自分が今までしなくてもいい我慢をしてきたと認めるのは悔しいです。
自分で我慢することを選んできて、我慢したことで優越感を得てきて、だからやめられないことも分かっています。

でも、多くの人はそんな我慢などしてなくて、それどころか自分が何をしたいのか当たり前に分かっているというのが悔しいー!です。

どうしても家族のせいにしたい。家族が私に我慢を強いたと思いたい。というか妹を悪者にしたい…^^;

自分の我慢を人に認めさせたくてたまりません。
「そんなに我慢してたの、頑張ったね」と褒めてほしい…

一番わかってほしいのはお母さん、かな?

りんりんさんとの個別で、私の幼いころの家庭状況が明らかになりました。

我が家では祖母と母親の間で、誰が誰を囲い込むか熾烈な競争があったようです。
祖母は父親と私を味方につけることに成功しました。
母親は妹を囲い込みましたが、結局嫁の立場は弱く、争いに負けて家を出ざるを得なかったようです。

私も本当は母親につきたかった。お母さんにいっぱい甘えたかった。
でも、お母さんについたらおばあちゃんがお母さんをいじめる(お母さんに嫉妬する)から、お母さんを守るためにあえておばあちゃんになつくことを選んだんだそうです。

バトルに巻き込まれていたのは妹も同じですが、少なくとも妹はお母さんに好きに甘えることができました。
母親は情緒不安定でしたから、いつもいつも甘えさせてもらえたわけではなかったでしょうが…。

私は母親に嫌われていると思っていたので、甘えるのが怖くてできませんでした。

妹へのすさまじい嫉妬は、ここに根っこがあるようです。

分かるような、でも分かりたくないような…。
悔しさを感じたくない、我慢を認めたくないのが本音です。

それでもりんりんさんが幼い私の我慢を分かってくれた、私が言葉にできなかった部分を言葉にしてくれて、とてもうれしいです。
誰かに一番分かってほしい部分だったのだろうと思います。
[2015/06/18 23:02] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
先日職場でラジオを聴いていたら、蛍の話題が出ました。

その瞬間に子どもの頃の情景が浮かびました。
我が家では毎年蛍が飛ぶ時期になると畑からネギを採ってきて、その中に蛍を入れて見ていました。

ネギは茎の中が空洞なので、中に蛍を入れると茎から光が透けて見えます。
それがとてもきれいでした。

その話を同僚にしたら、「初めて聞いた」と驚いていました。

ネギの中に蛍を入れて見る方法は父親から教わりました。
蛍が飛んでいるのを見つけると、普段は冗談も言わない父親が子どものようにはしゃいで
「おい、蛍が飛んでるぞ!見に来い!」と家族を呼びに来ます。

私たちが外に出ると父親は蛍を捕まえて、「ネギを持ってこい」と言って、その中に蛍を入れてみんなで観察していました。

蛍だけではなく、季節ごとの自然の中での遊びは父親から教わりました。
春は山に行ってゼンマイやワラビを採ってきます。山菜の時期になると父親はそわそわして、「おい、ゼンマイ採りに行くか」と私たち姉妹を誘っていました。
ゼンマイがたくさん採れる場所は決まっていて、毎年そこに行くのが楽しみでした。
スーパーのレジ袋いっぱい採ってきて、祖母が渋い顔をしていました。

春の山菜はアクが強くて、すじを取ると手が真っ黒になります。
摘むのは私たち、すじを採ってゆがくのは祖母の役目でした。

たけのこの掘り方も教わりました。
私がすると根っこから掘れなくて途中で叩き切ってしまうので、なかなかさせてもらえませんでした。
採ったたけのこは刃の厚い包丁で縦に切れ目を入れて、皮をむきます。すぐにアクが回るので大きな鍋に米ぬかを入れて、ゆがいていました。

夏は川で魚を追いかけて遊びました。
私が子どものころは田んぼにはドジョウがいて、水路にメダカが泳いでいました。
川に行って、石で流れをせき止めてそこに魚を追い込む方法を教わりました。大きなフナを捕まえて、家の水槽で飼っていました。

偶然家の網戸に飛んできたカブトムシを捕まえて、虫かごに入れてキュウリやナスを食べさせていました。

秋は稲刈りをしました。
軽トラックの荷台に乗せてもらって田んぼの中の道を走ったり、コンバインの使い方を教えてもらって稲刈りをしました。
祖母と一緒に稲わらを畳の縁に使う紐?で縛って畑の近くにたくさん積み上げました。

冬は風呂を沸かすのに使う薪割りを手伝いました。
家の裏に薪がたくさん積んであるのを見ると安心しました。

仕事が趣味のような父親ですが、自然の中では父親自身かなり緩んでいたような気がします。
私が土いじりが好きになったのは、父親の影響が大きいのかもしれません。
[2015/06/05 21:54] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
オフ会の感想
オフ会に行ってきました^^

とにかく楽しかった~♪です

駅で待ち合わせして、はじめはすごく緊張しました。
まず誰がだれか、声から名前を当てていきました。
いつも声しか知らない人たちが、目の前にいて動いて、話している。本当に存在してる人なんだなあと不思議な感じがしました。

一緒に過ごす間、ずっとメンバーさんの温かい目に見守られているのを感じていました^^
緊張してもたもたする私にさりげなく手を貸してくれたり、頭が真っ白になって言葉に詰まってしまう私の癖も理解して話しやすいようにフォローしてくれたり、たくさん温かい気持ちをもらいました

最後に駅で一人ずつハグしてもらいました
後で写真を見たら、自然な笑顔なのに驚きました。私は写真が苦手で、写真を撮るときはいつも緊張した表情になるのですが、今回の写真はにこにこ笑顔で写っていました。

毎日写真を見て、思い出しては温かい気持ちになっています。
この気持ちを忘れないようにしたいです。

[2015/06/04 21:54] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。