FC2ブログ
プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

09 | 2015/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
米を食べなければならない
家では、朝は米を食べなければならないと言われていました。

パンや麺はお腹が空く。米を食べないと力が出ないと言われていました。
そして祖母の作った具だくさんの味噌汁。

この二つをちゃんと食べないと祖母の機嫌が悪くなる。
特に味噌汁を「飲まない」と言うと、祖母からの追及が始まるので必ず飲んでいました。

私は朝あまり食べれないほうで、朝からお茶碗一杯のご飯を食べるのはしんどかったです。
でも食べないと途中で倒れるかも、と思い無理やりお腹に詰め込んでいました。

朝食べれないほうなのに、ご飯が済むとパンやお菓子は食べていました。
それはご飯を食べたご褒美という感覚でした。

朝からトーストやシリアルを食べるのは私の小さな夢でしたが、一人暮らしを始めて何か月かは朝はご飯を食べていて、シリアルはご飯後のお楽しみにしていました。
今は一人で好きなものを食べられるので、夢が叶った気がしています。


きんたろうさんにトースターを買うように言われていましたが、必要ないからという理由を作って何か月も買わずにいました。
やっと買った後も数週間使わないまま飾っていました。
理由は使い方がわからないから。
説明書を読むのが面倒という理由を作って、パンを食べることを避けていました。

本当はパンを食べる(米を食べない)罪悪感を感じないようにするためだったのだろうと思います。
スポンサーサイト
[2015/10/27 20:34] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
新人さんが入ってきました
職場に新しい人が入ってきました。おかげでオフ会にも参加できることになりました\(^o^)/

入ってきてくれたのは嬉しいのですが、仕事を教えるのが一苦労。教える私の方がパニックになっていて、話があっち行きこっち行きして新人さんはメモを取るのが大変そうです^^;
せめて焦らせないようにと、メモを取る様子を見ながらゆっくり教えたり、「ゆっくりで大丈夫ですよ」と声をかけるようにしています。

新人さんを見ながら、去年の10月私もこんな風だったなあと思い出しました。
去年の今頃は、まだ慣れないうちに一人で店番を始めて仕事が忙しくなって大パニックを起こしていた時期でした。
「お客さんが怖い、もう無理です、転職します」とりんりんさんにメールを送り、上司にも相談し、周りを巻き込んで大騒ぎしていました。

なぜそれほどお客さんが怖かったのか。今考えると、お客さんの表情に怯えていました。
普通の顔(=笑顔じゃないということ)をしていても「怒ってるんじゃないか」「私が待たせたからイライラしてるんじゃないか」と妄想をふくらませ、怯えスイッチが入ります。怯えると私の表情は不安でいっぱいになり、無駄に動きが多くなり、ミスが多くなり、お金を落とすわ計算を間違えるわでますます慌てていきます。
それを見たお客さんも「大丈夫かこの人」と不安が伝染し、ますます表情が険しくなっていく。
そしてそれを見た私がさらに怯えて・・・と悪循環に陥っていました。

今は多少ミスしても「あ、すみませ~ん」と笑顔で対応できます(-∀-)
だからかお客さんからのクレームも格段に減りましたw(゚o゚)w

怖がっていた時には「お客さんが怒ってるから」とお客さんのせい?にしてましたが、同じ場面にいても同僚はまったく怯えてない様子。
これは私のほうがおかしいのかもしれないと思い始め、そこから徐々に怯えが少なくなっていきました。

私は極端に人の表情に怯えているのだということを知り、表情が険しいのは疲れているとか、嫌なことがあって機嫌が悪いとか、あるいはもともとこんな顔なんだとか^^;、冷静に考えられるようになったら気持ちが軽くなりました。

家族の中で常に表情をうかがっていなければいけなかった。もしも不快を入れたら自分がひどい目に合う。
それがしみついていて、接する人すべてに怯えていました。

でも、普通の人は自分のイライラに人を巻き込んだりはしないのですね^^
「お前のせいだ」と突然責められることもないのですね。

そんなに怯えなくていいんだと少しずつ実感できるようになって、今では仕事が楽しいと感じられることも増えてきました。
[2015/10/27 12:19] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR