FC2ブログ
プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

12 | 2016/01 | 02
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
フルーツの缶詰
先日のボイスで、フルーツの缶詰の話題が出ました。
桃缶が好きで、食べているという話を聞いていたら私も食べたくなりました^^

その話をしていた時、家で作っていたフルーツポンチを思い出しました。

桃缶、パイナップル缶、ミカン缶、サクランボ缶・・・缶詰を何種類も入れて、シロップも注いで作っていました。
作っていたのは母親か…という気がしますが、ぼんやりとしていて自信がありません。
ただ、それを思い出したとき嬉しくて、作っているときのワクワク感がよみがえりました。

思い出した光景の中に人の姿はありますが、それが誰なのか分かりません。
でも入れ物ははっきり覚えています。
透明なガラスで、足がついていて、側面に小さな模様がプリントされていました。
その中に一口サイズに切った缶詰を混ぜて入れていました。

作っている様子を思い浮かべたらワクワクします。
それが母親だったとしたら、かなり緩んでいたんだろうと思います。

ふっと思い浮かんだだけなので、細かい部分はまだまだ思い出せません。
でもワクワクするので何か出てきそうな気がします。
スポンサーサイト
[2016/01/29 21:14] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
不仲
私たち姉妹は幼い頃からケンカが多くて、家族に「あんたたちはケンカしてばっかり。よそのきょうだいはみんな仲がいいのに」といわれ続けていました。

実際よそのきょうだいと比べて自分たちがケンカが多かったかどうかはわかりません。
でも毎日何かしらケンカして、物を投げたり叩いたり、怒鳴りあっていました。

ずっと自分が悪いと思い、恥じていました。
お姉ちゃんなのに妹に優しくできない自分は恥ずかしい、と。
私たち姉妹は分断されてきたと教えられ、やっと仲良く出来なかった自分を受け入れられるようになりました。

自ら分断しておいて、仲良く出来ないように仕向けておいて。仲良く出来ない私が悪いなんて。
ふざけるな!!

いま私は自分の歪んだプライドを叩き折るのに葛藤しています。
本来なら作る必要のなかったつっかい棒、健全な家庭に育っていれば作らずに済んだつっかい棒です。

怒りはあるのに家族に向いていかない。
内面のどす黒いものを嫉妬で逃し続け、嫉妬が少し軽くなった今は自由になれない、人とコミュニケーションが取れない自分にいらだっています。
[2016/01/23 21:50] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
怖い
私は何を知りたくないのか

誰が私を縛ったのか頭では分かっているのに、考えようとするとぐちゃぐちゃします
本当は分かっているから近づきたくないです
でも夢に出てきます
気持ちは拒否してるのに、いや、拒否してるから? 夢の中まで追いかけてきて取り込もうとします

すご~くいやな感じがします
すぐうしろにおばけがいて、それを全力で「いない」と思い込もうとしてる感じです
それがじっと自分を見てるのを知っています

油断したら私の中に入ってきて、全部持っていかれる気がする
私がやっと得た居場所を奪われる気がする
だから後ろを見ないように、明るいほうだけ見るようにしています
[2016/01/21 22:06] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お礼
オフ会から1か月近くがたちますが、
当日うまくお礼を言えなかったので改めて・・・


遠くからオフ会に来てくれたメンバーさん、本当にありがとうございました。
幹事という立場でありながら慌てっぱなしで、周りが見えないままあっという間に時間が過ぎていきました。
後で振り返り、話を聞き、自分がたくさん見守られていたんだと知りました。

オフ会前に何度も話をして、実際に会って、一人一人とハグして・・・。
あなここに入らなければきっと出来なかっただろう貴重な体験が出来ました。

写真や動画を眺めて思い出し笑い、フォーチュンクッキーの歌が流れると顔が緩んで踊りだしたくなり、サンタ服を見るとカラオケを思い出し・・・
何かにつけて思い出しては温かい気持ちになっています。

オフ会ボイスに参加してくれたメンバーさん、前回のオフ会の話を聞かせてくれて、アドバイスをくれたメンバーさん、混乱したときに話を聞いてくれて環境を整えてくれたきんたろうさん、りんりんさん、本当にありがとうございました。

そして、一緒に幹事をしてくれたメンバーさん、本当に本当にありがとうございました。
私一人ではとても出来なかったことが、カンジーズのみなさんのおかげで出来ました。

苦手だった「自分から発言する」ことも少しずつできるようになりました。
初めて顔を見ながら話をして、たくさんやりとりして、一から作り上げていくのはとても楽しかったです。
協力する楽しさ、一体感、安心して発言できる雰囲気、全部が新鮮でした。
あの感覚をもう一度味わいたい、再現したい、だからまた話したい。

たくさんの愛情をありがとうございます。
これからも、よろしくおねがいします^^
[2016/01/20 19:16] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
温かい気持ち
最近パニックがおさまってきています。

見たくないもの、聞きたくない音が入ってきたときに「うわーっ怖い!!」とどうしようもなくなって誰かに助けを求めたくなります。
でも動けなくて一人で爆発するのがいつものパニック

それがうわーっとなりかけた時にその場から離れるとか、いったん落ち着いて楽しいことを考える余裕が出てきました。
なじみの感覚に引っ張られそうになるけど、そっちに行かない。踏みとどまるというよりそっちに向かうことができない(気持ちが動かない)感じ
不思議な感覚です。

なじみの方に行かないことで我慢をためてる感じでもないし、自然とパニックの波が引いていく感じがします。
パニックを起こさなくても大丈夫、いつもメンバーさんの存在が心の中にあって、それがあるから落ち着きを取り戻せる気がします。
オフ会でたくさんの温かい感情に触れて、それがずっと続いていて、今の自分を支えてくれているように思います。
[2016/01/11 00:59] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
不登校
前に書いたかもしれませんが…

中学生のころ、一時期不登校になったことがありました。
といっても学校に行けなかったのは2、3日くらいでしたが・・・

仲の良かった、唯一の居場所だったAちゃんが学校に行けなくなって、私も学校に行くのが怖くなりました。
行けば居場所がない。居場所のない中、男子からのからかいに耐えなければならない。
想像するだけで恐ろしくて、でも親に言うのも恐ろしくて、どっちにもいけない状態になりました。
それでも親には「行けない」と言って無理に休みました。

その時は自分の部屋に閉じこもって一日過ごしていました。
寝るのも罪悪感があって、ベッドに寄りかかってぼーっとしていました。
ぼーっとしているといろいろ考えてしまうので、そのあとはゲームに没頭していました。

私の部屋の電灯は主電源が部屋の外にありました。
その時は主電源は入れたまま、電灯のコードを引っ張って消していました。

ぼーっとしていると突然父親が足音荒くやってきて、「電気を元から消せ!もったいないだろうが!」と怒鳴られました。

そうか、父親は私が家にいるのが気に入らないんだ。
学校に行けないダメな娘が許せないんだ。

自分を全否定された気がして悲しくなりました。

お父さん、私は苦しかったんだよ。
学校が怖くてたまらなかったんだよ。
そういえたらどんなによかっただろう。
でも言ったところで父親には通じないことも分かっています。
当時いじめられていることを訴えても「なにくそと思って行け。社会に出たらもっと苦しいんだぞ」と言われました。

娘の気持ちより自分の体面が大事。そもそも父親には人の気持ちを汲み取るという能力があったのかどうか・・・。
いつだって自分の苦しさにうっとりしていて、他人の苦しさなど自分の苦労に比べたら大したことはないと心の中で思っているようでした。
[2016/01/10 23:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
正月
あけましておめでとうございます

長い正月休みで、休みに入る前から何をするか計画を立ててワクワクしていました。
初日は張り切って大掃除したり部屋の模様替えをして充実していましたが、2日目で疲れて食っちゃ寝の生活になりました^^;

そうなると頭の中に聞こえてくる声声声・・・
「寝てばっかり」「そんなに食べてたら病気になるぞ」「あれもしないと」と自分を責める言葉が降ってきます。

だんだん自分がダメ人間のような気がしてきて、不安になっていてもたってもいられなくなります。
いつもならここで頭の中の声に負けて無理に動くか、不安を持ちきれなくなって彼に泣きつくかしますが、今回はどん底に落ちる前に自力で立ち直りました

動けなかったのは自力がないのと、追い打ちをかける頭の中の声が原因だったんだと腑に落ちました。
自分がダメなわけでも、悪いわけでもなかった。動けないようにする仕組みが自分の中にあったから。
納得したら動けないと思い込んでいた自分から、動けなくてもOKな自分、そして動ける気がする自分へと気持ちが変わっていきました。

あなここでたくさんの温かさをもらって、自分の変な部分、ダメな部分を安心してさらけだして受け止めてもらって、それが自分を支える力になってるんだと実感しています。

少しずつ自由を手に入れている、それが自信になってさらに前に進める、手ごたえを感じている正月です。

あなここに出会えてよかった。出会ってくれた皆さんに感謝です。

どうぞ今年もよろしくお願いします(*^_^*)
[2016/01/02 18:12] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。