プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

03 | 2016/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
不安を終わらせる
私の妄想癖は自分で思っているより強いらしいことが分かり、どこからその被害妄想が始まるのか、自分なりに探っています。

たぶん小さなことで不安になり、それを言えないまま持ち続けて大きな妄想に膨らませていくのが私のパターンです。
テレビで盗聴器発見番組をしていたら自分の部屋にもあるんじゃないかと不安になり、調べてみる。
物音がすると部屋の外に誰かいるかもしれないと怖くなり、その「誰か」に気づかれないように、物音を立てないように、光が漏れないように神経を使う。
ごみを出すのも、昼間は人に見られると怖いので、夜中人が寝静まってから出しに行きます。


妹は本当に小さなことで不安を訴えては家族にうんざりされていました。
そんな妹の姿を見て「不安を訴えたら人はうんざりする」と学習し、自分は言わずに我慢する方を選ぶようになりました。

その代わりに、妄想を膨らませて大きくしてから話す、妹とは違う方法で訴えることを覚えました。

不安をためた分、私の訴えは切羽詰まって混乱しています。
それをぶつけられる相手の負担は、しつこく言われるのとそう変わらないのかも・・・

本音は、誰かに不安を一つずつ聞いてもらって一つ一つに「大丈夫だよ」と言ってほしい。
でもそれをすると相手がものすごく疲れるのが分かるので出来ない。もしそんなことをしたら嫌われて、見捨てられるかもしれないから出来ない。
怖がりなのに怖いと言えない。言ってはいけないと我慢している状態のままで、不安を受け止めてほしい思いが終わってない。だから確認作業も訴えも終わらない。

これを終わらせるには、納得するまで不安を受け止めてもらう体験が必要だそうです。
「不安をむやみに言ってはいけない」禁止令を解いて、終わらせていきたいです。
スポンサーサイト
[2016/04/27 01:44] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
今回の地震、初めて経験する大きな揺れでたくさん怖い思いをしました。

幸い被害はなく、日常生活を送れていますが、それよりも自分の妄想が自分を苦しめていました。
もしも家がつぶれて閉じ込められたら、大切な人が巻き込まれたら・・・

頭の中が「もしも」でいっぱいになって、自分の作り出した妄想に追い詰められていきました。

それを言えないままぼんやりした状態でセッションに臨みました。
きんたろうさんに指摘され、やっと自分の恐怖を口にして、そこで初めて自分が妄想に苦しめられていたことが分かりました。

私には「別れ」に対する恐怖感がある。
幼いころ母親が突然「お母さん出ていくから」と荷物をまとめることが何度かあって、それがとても怖かった。
そしてある日突然母親はいなくなりました。

今回の地震でそのときの状況が重なり、頭の中で妄想を膨らませていたようです。

「人は簡単に死なない」というきんたろうさんの言葉を聞き、自分の恐怖を口にした瞬間、すごく安堵しました。

これほど自分が恐怖にとらわれていたことも、それが妄想であったことも気づいていませんでした。
怖いが言えて本当に良かった。
[2016/04/20 03:36] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。