FC2ブログ
プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

04 | 2016/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
偏見
ずいぶん前に父親から聞いたことを思い出しました。

私たち姉妹が生まれた時、どちらの時も父親は真っ先に「指が5本あるか確認した」のだそうです。
父親は誇らしげな様子で言ってましたが、私は違和感を感じました。

もし指が5本じゃなかったらどうしてたの?形にこだわったの?
普通がどうなのか知りませんが、生まれた瞬間にまず指の数を確認するっておかしい気がします。

どんな形であれ、まず赤ちゃんが無事に生まれたことを喜ぶのが自然なんじゃないの?
そこに父親の愛情を感じられない。なぜそんなことを誇らしげに言えるのか分からない。
父親にとっては私たち子どもも、自分の正当性をアピールするためのものだったんじゃないかと疑いたくなります。

父親の偏見の激しさが表れたエピソードでした。
スポンサーサイト
[2016/05/25 22:49] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
これだ!
私はコーンフレークが好きで、でも子どものころは満足するまで食べられませんでした。

セッションで偶然グラノーラの話題が出て、それからカルビーの「フルグラ」と日清の「ごろっと果実のグラノーラ」をほぼ毎日食べ続けました。
ザクザクした食感とドライフルーツの甘さが気に入っていました。
それを1年ほど続け、飽きてきたので今度はケロッグの「オールブラン」(平たいフレーク状のタイプ)を食べるようになり、半年以上が過ぎました。

先月のセッションできんたろうさんに「グラノーラでわざとずらしている」と指摘され、紹介された日清の「シスコーン」を食べてみました。
コーンフレークを食べた喜びはあったものの、子どもの頃食べたのと違う気がしていました。

振り返りでケロッグの「フロスティ」を教えてもらい、食べてみて、「あ、これだ!」とピーンときました。
たどり着いた嬉しさと、「もっと食べたい!」という欲求が沸き上がってきて、何も考えずに2杯おかわりしました。

ずらして、迷走して、コーンフレークにたどり着くまで2年近くかかりました。シリアルを満足するまで食べられなかったことに執着していたんだな~と納得しました。
食べ終わって、何とも言えない満足感に浸っています。
[2016/05/22 13:17] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
閉じたきっかけ
1か月ほど上の空で閉じている状態が続いています。

生活はワンパターンで、修行のような毎日。
家に帰っても仕事のことが頭から離れず、家にいる間は仕事の合間の休憩時間のような感覚で過ごしています。

意識できるのは同僚のこと。
最近同僚がピリピリしていて、一緒に仕事するのが怖い。
忙しいからか、お客さんの態度に不快が入ったのか、私のミスにイラつくのか・・・。
機嫌が悪くなるとそっけない態度をとったり、言葉にとげが混じったりします。
かと思えば笑顔で話したり、機嫌がころころ変わる。

私が同僚の顔色をうかがっているからそう感じるのでしょうが、一緒にいて常に気が抜けない。
怒らせないように、緊張しながら仕事をしています。
だからうかつにものが言えない、行動できない。返事をするのも上の空。

会話が減り、動作が不自然になる。相手から見たらそこがいらだつのかもしれません。
あるいは、感情の変化を表に出せるほど私たちの距離が縮まったと見るべきなのか・・・。

私も同じように感情を出せればいいのだけど、出来ないから我慢がたまる。
自分ができないことを相手がしていることに怒ってる。出来ない不自由さにいらだってる。
「なんで八つ当たりするのよ~」って内心かなり怒っています。

それが閉じ始めた原因かな、と思っています。
[2016/05/18 22:41] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
妄想する理由
私の妄想のキーワードは「誰かに何かされる」だそうです。

私にとって妄想は、予想外の事態に備える意味があります。
いつも悪い想像をすることで、何かあったときにも慌てずに済むように心の準備をしています。
実際そんな悪いことは起きたことないし、冷静でいられたこともないですが^^;

何かされるかもしれないと妄想して準備する心の癖は、子どものころからあります。
人の目がすごーく気になるし、常に「見られている」感覚があって、だからなんでも隠そうとします。
知られたら批判される、軽蔑される、侵入されるとか・・・。

見られている感覚は、家族の監視が元だという気がします。
私は家にいる時、トイレのドアを開けっぱなしで用を足していました。
自分では閉じ込められたときにすぐに逃げられるように、と思っていたのですが、あえてオープンにすることで「自分は悪いことしてませんよ」とアピールしていた可能性もあるそうです。

家族に常に監視されているから、気を抜いてはいけない。気を抜かずにいるために、妄想で不安を作り出して緊張状態を保つ。
家族から離れた今でも癖は残っていて、一人なのに気を抜けません。

無駄なエネルギー使ってるな~と思います。
[2016/05/02 22:46] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。