FC2ブログ
プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

07 | 2016/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
お菓子ルール
実家では祖母による暗黙のお菓子ルールがありました。

そのルールは、
①お菓子は祖母が買ってきたもの、あるいは人からもらって家にあるもの以外は食べてはいけない。(自分で買ってはいけない)
②お菓子は開封したものから食べること。自分で新しく封を開けてはいけない。(祖母が来客用に買ってきたお菓子だから勝手に開け  てはいけない)
③洋菓子やスナック菓子はたくさん食べてはいけない。まんじゅうや和菓子はある程度量を食べてもOK。(和菓子は祖母が好きなものだから許されている)
④珍しいものはみんなで分けて食べなければならない。(独り占めしたり、最後の一つを食べてはいけない)

これを破ると祖母の嫌味が飛んできます

私はそれを知っていて、疑問にも思わなかったのでルール通りに行動していました。
妹もそれを知ってはいましたが、そこに疑問と反発を感じていたので(これが正常)、ルールを破ってよく祖母と言い合いになっていました。

りんりんさんに「そもそもお菓子は子どものために買ってくるもの」と言われ、びっくりしました。
例えば子どもが塾に行く前に食べるお菓子は、子どものテンションを上げるものを選ぶ。
「これなら喜ぶかな」と考えながら選ぶそうです。(私は頭を使うから糖分補給のためだと思っていました^^;)

祖母も私たちが喜ぶものを選んでくれてはいました。
でもそれは祖母の価値観が基準になっていて、私たちが本当に好きなのかどうかは意識の外。
というか、「祖母の許したもの=私が喜ぶ⇒私はそれが好き」という構図が出来上がっていて、その中で選ぶのが当たり前になっていました。
祖母は私が喜ぶものを選んでいると思っている。私も祖母が私の好きなものを選んでくれていると思っている。
はたから見れば何も問題がなさそうですが、そもそもの視点が一般とはずれている。
衝撃的でした。

お菓子一つにも祖母の監視が入っている状態は、思えばすご~く不自由です。
その不自由さを感じずにすむように、「おいしい」「おいしそう」を感じないようにしてきました。
テレビでCMを見ても、店で食べ物を見ても、心から「おいしそう、食べたい」とは思わないように無意識にしてきました。

おいしそうなんて思っても、祖母の許可がなければ食べられない、そんな環境で「おいしい」を感じるのは辛すぎます。
だから「おいしい」が分からないように見ること、感じることを無意識に避け続けてきたようです。

セッションを受け始めたころから「食の欠損がすさまじい」と言われ続けてきた意味がやっと理解できました。
スポンサーサイト
[2016/08/31 18:01] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
仕事でのおびえはずーっとあって、定期的に?「怖い~仕事辞める~」となっていたのですが、なぜ私はこんなに怯えているのか、どこから来るのか分からないままになっていました。

怖いの中身は「監視されている気がする」です。
お客さんから、上司から、そして他の店の人からまで・・・^^;

同じ環境にいるのに他の人はそれほど怯えていないみたいだし、自分がおかしいのは感じていましたが、理由がわからないので怯えが抜けないままモヤモヤしていました。

仕事しながら監視されている感覚をたどり、うーんと考えていたら祖母に行きつきました。
そこで初めて「あれ?おかしくないか?」と思いました。

今周りにいる人は祖母とは全く別の人で、私の人生を縛る人ではないこと。
私の中にいる祖母の目とは違うことをはっきり感じて、その瞬間に怯えがスーッと抜けました。

抜けてみて自分を振り返ると、なぜ私がこんなにビクビクしているのか周りの人は訳が分からなかっただろうなと思います。

周りの人を祖母に重ねることで、「私はこんな目にあってきたんだ」と訴えたかったのかな~と思っています。
[2016/08/31 17:13] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
料理する母親の姿
料理嫌いは、家にいたころ祖母の手伝いを嫌々していたのが原因だと思っていました。
でもまだぴたっと来ない気がしていました。

料理するだけではなくて、料理をする時間帯、特に夕方になると気分が下がってどよ~んとなります。
それが、台所に立つ母親の姿と重なりました。

母親が料理するときは殺気立っていました。
料理する姿は思い出せないけど、その雰囲気は憶えています。
イライラしていていつ怒りが私に向くかわからない。それは普段からそうだったのだけれど、夕方は特にそれがひどかった気がします。

手伝いをしないと怒られそうだけどしても怒られそう。
殺気を感じながらテレビを見ていたのか、宿題をしていたのか…。

父親は母親に気を使ってか、よく「手伝いくらいしろ」と言っていました。
その言葉も「怠けるな、楽しむな」と言われているようで嫌でした。

動くに動けない状況を無意識に思い出していたのかもしれません。
続きを読む
[2016/08/25 00:15] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
動きの違い
職場にあこがれの女性店員さんがいます。

テナント先の人なので一緒に仕事をすることはないのですが、いつもテキパキしていてみとれています。

最近店内の売り場の模様替え?があり、私のいる位置からレジまでが見渡せるようになりました。
おかげでレジの人の動きがよく見えます。

憧れの店員さんの速さの秘密を探るべく、時間が空いたときにじーっと観察してみました。

私から見た動きの特徴は、
・肩から下しか動いていない。体幹が振れない(体勢が崩れない)ので動く範囲が少ない。=無駄な動きが少ない。
・動きが流れるようになめらかで、流れの中で作業が進んでいく。体に無駄な力が入っていない。
・一つ一つの動作が早い。

ほかのレジに入っている人と比べてみると、ほかの人は上半身全体が動いていて、全身で一つの作業をこなしているように見えます。前や横に体が動くので、それをまっすぐ立て直すのに時間がかかっているようです。
ほんのわずかな時間の違いでしょうが、蓄積していくと大きな差になってくるんだろうな~と思いながら見ていました。

私は
右手で届く範囲のものをとるのに一歩そちらに足を踏み出す。
物を置くのに迷って考えるも、一度置いたところが邪魔になってまたどけて、と繰り返す。
一つ一つの動きが大きいのと動作するときに迷う、変に力が入っているので動きがぎこちない。
お客さんの視線が気になってさらに迷い、力が入り、ぎこちなくなる。

とにかく無駄な動きが多いです。

その店員さんの動きをお手本に、自分との違いを見つけていきたいです。
[2016/08/19 22:15] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
「料理嫌い」は訴え
コンビニカレーの次はきんたろうさんカレーを作ってみようということで、材料を買いました。

料理が苦手(嫌い)な私にとっては、玉ねぎを大量にみじん切りすることを想像しただけで気持ちが折れそうになります^^;
でも今回は頑張って作ってみようと思います

この料理嫌いは実家にいたころ、祖母の手伝いを嫌々していたところからきています。
祖母からはっきり「手伝いしなさい」と言われることは少なかったですが、「あー疲れた」「だるい」という祖母を見て、「自分がやらなければ」と罪悪感にかられて手伝っていました。

仕事を辞め、ひきこもりになってからの1年半は、家事をすることで自尊心を支えていました。
1日中料理のことを考え、レシピを集め、祖母と買い物に行く生活。正直うんざりしていました。

それを嫌だと言えなかった、「料理なんてしたくない!」と言えなかった怒り、祖母の手伝いなんかしたくない、自分のやりたいことをしたいと言えなかった怒り、それが今出ているようです。

「料理はしたくない」は祖母に言うべき言葉。
きんたろうさんのカレーを拒否するのは訴える相手を間違っている、とりんりんさんに言われました。
おいしいカレーを食べたら、祖母のカレーがまずかったと認めざるを得なくなるから避けているんだろうとも。
拒否することで「おいしいカレーを共有したい」という想いも受け取ろうとしない。

祖母への訴えとカレーを作ることは分けて考える。
おいしいものを食べたい欲求を取るか、訴えをとるか。

「おいしい」を感じるために、料理嫌いを乗り越えます。
続きを読む
[2016/08/15 20:13] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。