プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (231)
食レポ (0)

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
怖いお客さん
先日お店に来たお客さん(中年の男性)から突然大声でどなられました。
私がその人の質問に曖昧に答えたのが気にいらなかったようです。
そのあとは怖くて足が震えていました。

その日の夜、ちょうどアイさんとちえさんとボイスだったのでその話をしました。
自分が怖かったこと、そしてその人に対する怒りを話しました。

その人は明らかに私が答えられないであろうことを予想して、始めから威圧的な態度で質問してきました。
理不尽な出来事で、私はそれに対して怒っていました。

そして次の日、全く別のお客さん(お年寄りの女性)を前にして前日のことを急に思い出し、恐怖で頭が真っ白になりました。
その人は偶然機嫌が悪かったのか、あるいはもともと愛想がないのか、ニコリともせずに黙ってやってきて、机を指でトントンと叩きました。
それが私には「責められた」と感じられて、その瞬間に前日の恐怖がよみがえり、震えあがりました。

その人が帰った後も震えが止まらず、たまらなくなってりんりんさんにメールしました。
前日にあったことが怖くてたまらないこと、どうすれば怯えをなくせるのか聞くと、「こわかった と何十回も呟いてみて それから「くそじじい」と悪態をつき、なんで私が怒られんといかんのかい と怒ってみる この繰り返しで楽しく乗り切ろう」
と教えてもらいました。

ちょうど一人だったので「こわかった~」と小さな声で繰り返し呟いてみると、体の力がふっと抜けるのを感じました。口に出したことで怖がっている自分をはっきりと意識できて、怯えている自分がなぜかいとおしくなりました。

そうしているうちに自分は怒っていると思っていたけど、本当は怯えていることを認めたくなくて無理して意地を張っていたのかもしれないと思いました。




[2014/08/24 21:36] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<恐怖と怒り | ホーム | 体験すること>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://akari780.blog.fc2.com/tb.php/121-499cac34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR