プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (231)
食レポ (0)

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
我慢を分かってほしい
自分が今までしなくてもいい我慢をしてきたと認めるのは悔しいです。
自分で我慢することを選んできて、我慢したことで優越感を得てきて、だからやめられないことも分かっています。

でも、多くの人はそんな我慢などしてなくて、それどころか自分が何をしたいのか当たり前に分かっているというのが悔しいー!です。

どうしても家族のせいにしたい。家族が私に我慢を強いたと思いたい。というか妹を悪者にしたい…^^;

自分の我慢を人に認めさせたくてたまりません。
「そんなに我慢してたの、頑張ったね」と褒めてほしい…

一番わかってほしいのはお母さん、かな?

りんりんさんとの個別で、私の幼いころの家庭状況が明らかになりました。

我が家では祖母と母親の間で、誰が誰を囲い込むか熾烈な競争があったようです。
祖母は父親と私を味方につけることに成功しました。
母親は妹を囲い込みましたが、結局嫁の立場は弱く、争いに負けて家を出ざるを得なかったようです。

私も本当は母親につきたかった。お母さんにいっぱい甘えたかった。
でも、お母さんについたらおばあちゃんがお母さんをいじめる(お母さんに嫉妬する)から、お母さんを守るためにあえておばあちゃんになつくことを選んだんだそうです。

バトルに巻き込まれていたのは妹も同じですが、少なくとも妹はお母さんに好きに甘えることができました。
母親は情緒不安定でしたから、いつもいつも甘えさせてもらえたわけではなかったでしょうが…。

私は母親に嫌われていると思っていたので、甘えるのが怖くてできませんでした。

妹へのすさまじい嫉妬は、ここに根っこがあるようです。

分かるような、でも分かりたくないような…。
悔しさを感じたくない、我慢を認めたくないのが本音です。

それでもりんりんさんが幼い私の我慢を分かってくれた、私が言葉にできなかった部分を言葉にしてくれて、とてもうれしいです。
誰かに一番分かってほしい部分だったのだろうと思います。
[2015/06/18 23:02] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<おもしろ動画 | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://akari780.blog.fc2.com/tb.php/153-46e2c5a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR