プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (232)
食レポ (0)

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
父親の抵抗
母親がまだ家にいたころ、父親はよくケンタッキーを買っていました。
それを家族で食べるのですが、その場に祖母はいませんでした。

ケンタッキーは母親が好きなもので、父親は母親を喜ばせるために買ってきていたようです。
祖母はそれが面白くなかったのでしょう。

母親が出て行った後、父親はケンタッキーを買わなくなりました。
代わりにスーパーで大きな骨付き肉を買ってくるようになりました。

祖母の分もちゃんとあったのですが、祖母は脂っこいと言って食べませんでした。
なので、祖母の分は父親や私が食べていました。
祖母が食べないと分かっていても、父親は必ず家族全員分の骨付き肉を買っていました。

それは父親にとってささやかな抵抗だったのかもしれません。
ケンタッキーは母親との楽しい時間の象徴です。でもケンタッキーそのものを買うのはあからさまなので、代わりに似たものを買うことで母親と過ごした記憶を再現していたのかもしれません。

私は両親はお互いに嫌って別れたのだと思っていました。
でも本当は、父親はずっと母親を思い続けていたのかもしれない、それを祖母の前では出せないから違うやり方で表現していたのかもしれない。

祖母は父親と母親に嫉妬して二人の仲を引き裂きました。
私が妹に嫉妬していたように、祖母にもそうせずにはいられなかった理由があったのでしょう。


祖母は自分の不遇に家族を巻き込みました。それも、人を使うというとても卑怯なやり方で。
私もそのやり方を無意識に学んでいるようです。
それを認めたくないから、犯人が別にいると思いたかったようです。

[2015/10/17 22:06] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | 人のふり見て・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://akari780.blog.fc2.com/tb.php/173-8d2c7fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。