プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (232)
食レポ (0)

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
仕事でお客さんからのクレームを受けた時、それが自分のせいでなかったとしても、自分が責められているように感じます。
家に帰った後も自分の対応を振り返り、自分の悪いところを数え上げ、そこに誰かの責める言葉を付け加え、ひたすら自虐し、また同じことが起きるんじゃないかと不安を膨らませます。
そうしないと落ち着かなくて、自分を責めることで反省している気がして、そうすることで許してもらえる気がします。

お客さんは私に怒っているわけではなく、私の背後にある組織そのものに怒っている、不満を抱いている。
それを訴える窓口が「店員としての私」であって、私という人間に対して怒っているわけではないのだろうと思います。

分かっていてもやめられないのは、ずっと考え続けることで、予想外の事態が起きても対処できるように心の準備をする意味と、責められているのに楽しいことを考えるのは悪いことだという意識があるからです。

でも、プライベートな時間まで犠牲にして自分を責め続ける必要があるのか。
なんで赤の他人の怒りにまで私が責任持つ必要があるのか、というより気にする必要があるのか。
思考は自由なはずだし、思考や感情まで他者に合わせる必要はないはず。

私が自虐するのは相手の怒りに怯えているからです。
「私は反省しています。あなたが怒っていることをよくわかっています。反抗しません。だから怒らないで、攻撃しないで」と目の前にいない(頭の中にいる)相手にひたすらひれ伏している状態です。

私が怯えているのはお客さんではなく、祖母だと思います。
私の意思を無視し、私の思考を奪い、侵入し続け、こうあるべきだという時代錯誤で身勝手な価値観を植え付けてきた祖母。
目の前にいないのに、私の頭の中には今でも祖母がでーんとあぐらをかいて、私を監視しています。

具体的に何をされたか思い出せませんが、確実に奪われている、侵入されている。
じわじわと怒りがわいてきます。

やっと、祖母への怒りを感じることができました。
これからもっと怒りを感じていきたいです。
[2016/02/29 01:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<不快ワード | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://akari780.blog.fc2.com/tb.php/196-0992b97b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。