FC2ブログ
プロフィール

あかり *

Author:あかり *
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (234)
食レポ (0)

08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
執着について
自分の執着について書くようにとの宿題が出たので・・・

私の執着は「がまんすること」です。
食べたいものがあっても「太るから」という理由をつけてがまん、やりたいことがあっても「緊張する」とか「一人じゃ無理」とか理由を作ってやらない、とにかく生活全般にわたって小さなことでもがまんして、楽しまない、満足しない方を選んでいます。

そうやってがまんすることで、がまんしている自分に気付いてほしい、もっと言えば「こうしたい」気持ちに気付いてほしいとアピールしています。

家族の中で「こうしたい」と意思を出すことはわがままだとされてきました。
「あれがほしい」「これがしたい」とはっきり言う妹はいつも「わがまま言うな」と怒られていました。私はそんな妹を見て、はっきりと「ほしい」と言わずにがまんしている自分を見せることで親の気を引こうとしました。(私の希望を察してほしいと思っていました)

もう一つは、母親に甘えることのがまんです。
母親と祖母が仲が悪く、母親に甘えることは祖母への裏切りとみなされていました。だからおおっぴらに母親に甘えることはできなかったのだろうと思います。
母親に甘えたいけど、祖母の前であからさまに甘えるわけにはいかない。だから母親に私の「甘えたい気持ち」に気付いて、祖母のいないところでうまく甘えさせてほしいと願っていたのではないかという気がします。

でも実際の母親は自分のことで手いっぱいで、子どもの気持ちを察する余裕などなく、甘えようとしてもはねつけられたような記憶があります。

私の執着の中身をバラバラにしてみると、「甘えたい気持ち」「こうしたいという気持ち」「あれがほしいという気持ち」になるでしょうか。
それと、意思を出してはねつけられた時の悔しさ、悲しさ、がっかり感、受け止めてもらえなかった怒りを誰かに分かってほしくて、がまんして「私の本当の気持ちを察してほしい」とアピールしているのかなと思います。
[2017/04/05 00:27] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<おにぎりは訴え | ホーム | 音の配列はどこから来るか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://akari780.blog.fc2.com/tb.php/241-ea238d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。